美の壺 麦わら帽子 まとめ&通販

美の壺_麦わら帽子_テレビで話題

6月28日の『美の壺・選』のテーマ は、麦わら帽子

そこで紹介される麦わら帽子は通販可能か?

麦稈真田(ばっかんさなだ)は岡山?

石田昌司=石田製帽?

本田依子=ベルレッタ(Berretta)?

横山智和=ノックの帽子屋?

平田暁夫=Akio Hirata、石田欧子=H.atで、Haute Mode Hirata?

等、今回の話題は、テレビで話題のグッズ・6/28の『美の壺・選』の麦わら帽子についてのまとめ記事になります。

スポンサーリンク
336

美の壺

毎週日曜の23時から、NHKで放送されている『美の壺・選』。

6/28(日)は、「麦わら帽子」。

その放送内容は、

豪華ゲストは萬田久子さん。コレクションを見せて頂き、夏のオシャレには欠かせない麦わら帽子について伺います。「つば」の見事な編み目に隠された、帽子職人の技とは!?おしゃれの命・「山」のへこみに込められた繊細な造形美とは?!世界のアンティーク麦わら帽子コレクションの圧倒的な美とは?!一見カジュアルでシンプルに見えて、自由な発想によってファッションの主役にもなりうるその奥深い魅力に迫ります。

YAHOO!JAPANテレビより引用

とのこと。

この記事では、美の壺に登場する麦わら帽子に注目してます。

これから日差しが強くなる夏に向けて注目度が高まる麦わら帽子。

美の壺では、

岡山県の麦稈真田に、石田昌司さんの石田製帽。

本田依子さんのベルレッタに、横山智和さんのノックの帽子屋。

平田暁夫さん、石田欧子さん親子は、Haute Mode Hirataと、H.at。

と、オシャレ麦わら帽子満載。

そして、その麦わら帽子の通販は?

等々・・・、

この記事では、6/28の『美の壺・選』で紹介された麦わら帽子についてまとめてみようと思います。

麦わら帽子

麦稈真田(ばっかんさなだ)

1つ目(壱)の壺に登場するのは、岡山県の山本敏夫さん。

岡山は、かつて麦わらの主な産地であったため、麦わら帽子の材料となる麦稈真田(ばっかんさなだ)も作る農家が多かったようです。

そのため、浅口市にあるかもがた町屋公園では、麦わら帽子のつくり方やその歴史的資料の展示を行っているとのこと。

また、現在でも、産業として麦わら帽子を手がけるメーカーがあるようです。

石田昌司=石田製帽

その岡山の麦わら帽子を手がけるメーカーの1つが、石田製帽。

1つ目(壱)の壺に登場した、石田昌司さんが4代目をする工房です。

その石田製帽の創業は、明治30年。

100年以上にもわたり、麦材料の加工から、麦わらなど、帽子作りを行っているようです。

当初は、農作業用帽子メーカーだったようですが、現在は、ファッション帽子も製作。

番組にも登場したような、細い真田を縫い合わせた繊細で美しい極細麦を使ったカサブランカなど、高級な女性用ストローハットから、

男性女性問わずかぶれそうな中折れ帽・カンカン帽まで、幅広く麦わら帽子を取り扱っています。

なお、Amazonや楽天などの通販でも、石田製帽の帽子が購入可能でした。

埼玉春日部

また、番組には登場しませんでしたが、岡山同様、かつての麦稈真田の有名な生産地としては、埼玉県春日部市もあったようです。

春日部の麦わら帽子づくりも歴史は古く、明治から。

現在も伝統工芸品の1つになっているようです。

その先駆けとなったのが、田中帽子店。

岡山の石田製帽と同じく、やはり田中帽子店も老舗で、その創業は明治13年とのことでした。

また、やはり石田製帽と同じく、田中帽子店の麦わら帽子も、Amazonや楽天などから通販可能でした。

本田依子=ベルレッタ(Berretta)

2つ目(弐)の壺に登場するのは、本田依子さん。

自宅の工房で麦わら帽子を専門に作っているそうです。

その本田依子さんの帽子ブランドは、ベルレッタ(Berretta)。

ハンドワークの帽子を中心に製作、販売活動をしているとのこと。

なお、ホームページは『Berretta』という個人サイトがそれのようです。

横山智和=ノックの帽子屋

本田依子さんと同じく、2つ目(弐)の壺に登場したのは、横山智和さん。

ミュージシャンの帽子や舞台衣装も手がけているという横山智和さんの帽子は、ノックの帽子屋。

記事作成時点では、残念ながら通販ページは、“お休み中”の様でした。

が、お店は、墨田区の京成曳舟駅近くにあるようです。

石田欧子・平田暁夫=Haute Mode Hirata(オートモード平田)

3つ目(参)のツボに登場したのは、石田欧子さんと平田暁夫さん。

広尾にある帽子店で帽子のデザインをした2人は親子です。

そのブランドは、Haute Mode Hirata(オートモード平田 brand)。

日本の帽子デザイナーの先駆けでもある父の平田暁夫さんが、Akio Hirata。

一方、娘の石田欧子さんは、H.atというブランドで、ぞれぞれ帽子のデザインを行っていたようです。

まとめ

この記事では、6/28に放送される『美の壺』で紹介された京の浴衣やバッグ・帯についてについてまとめてみました。

日差しの強くなる夏。麦わら帽子がますます注目を集めそうです。

スポンサーリンク
336
スポンサーリンク
336