世界一受けたい授業 絵本(村上春樹・おおきな木、寝かしつけ・おやすみロジャー、仕掛け絵本・サファリ等)通販

絵本が『世界一受けたい授業』2/6のテーマの1つ。

その絵本は、通販お取り寄せできる?

村上春樹が和訳した『おおきな木』の結末に賛否両論?

寝かしつけおやすみ、ロジャー

仕掛け絵本サファリ

ボキャブラリーを増やすじのない絵本

等々、今回の話題は、テレビで話題の健康グッズ。

2/6の『世界一受けたい授業』で紹介される絵本に関する記事になります。

スポンサーリンク
336

世界一受けたい授業

堺正章とくりぃむしちゅーの『世界一受けたい授業』は、毎週土曜の19時56分から、日本テレビ系で放送されている番組です。

2月6日(土)は、「花粉症最新対策・ミッフィーと学ぶ絵本学・終活のススメ」です。

その内容は、

今年は去年よりも花粉が多く飛ぶ!?毎年大好評の花粉症対策最新版!アナタの対策は間違っていませんか?徹底チェック▼ミッフィーと絵本を学ぼう!世界で1000万部!小説家・村上春樹が和訳した絵本の賛否両論な結末とは?子どものボキャブラリーを増やすために効果的なのはホニャララな絵本▼ベストセラーが15分でわかる!家族で考えて欲しい「終活」。100人緊急アンケートで判明!遺された家族が一番困った事とは?

YAHOO!JAPANテレビより引用

とのこと。

絵本

その中でも、このブログで注目しているのは、「ミッフィーと絵本を学ぼう」。

そこでは、

現在は、絵本読み聞かせ場面における母子のやりとり、
読み書き能力の発達に関する親の意識調査などを研究課題としている。

YAHOO!JAPANテレビより引用

という加藤映子(かとう えいこ)先生による

大人も子供も能力アップ!誰も教えてくれなかった絵本の読み方・選び方

今、絵本のベストセラーが続々誕生する「絵本」ブームの真っ只中!
話題の絵本や能力アップ効果のある“絵本の読み聞かせ方”を紹介します。

YAHOO!JAPANテレビより引用

とのことで、

ベストセラーなども誕生している絵本が紹介されました。

その絵本とは?

村上春樹が和訳し、結末が賛否両論な絵本とは?

子どものボキャブラリーを増やす能力アップに効果的な絵本とは?

そして、その絵本は通販で買える?

等々…、

2/6の『世界一受けたい授業』で紹介された絵本について調べてみます。

寝かしつけの絵本『おやすみ、ロジャー』

その最初に紹介されたのは、『おやすみ、ロジャー』。

わずか10分で寝かしつけできる絵本として紹介されました。

この『おやすみ、ロジャー』では、ゆっくり読む場所が青色など、寝かしつけやすい工夫がされているとのこと。

「おやすみ、ロジャー」を

子どものボキャブラリーを増やす絵本『じのないえほん』

子どものボキャブラリーを増やす絵本として紹介されたのは、『じのないえほん』です。

この『じのないえほん』は、その名のとおり、字の書かれていない絵本のため、自分で話をつくることができる絵本。

また、字が書かれていないため、まだ字が読めない小さな子供でも、絵からストーリーを楽しめるとのこと。

仕掛け絵本『サファリ』など

また、仕掛け絵本として、『サファリ』等も登場。

この『サファリ』は、チーターが草原をかけたり、ライオンが獲物に襲い掛かったり、動物たちが生き生きと動き出す新感覚の絵本とのこと。

なお、同シリーズには、『オーシャン (しかけえほん) 』もありました。

「仕掛け絵本」を

かがみのえほん『きょうの おやつは』

また、同じく仕掛け絵本としては、かがみのえほんシリーズの『きょうの おやつは』も紹介されました。

『モーションシルエット』飛び出す絵本・影絵絵本

また、『モーションシルエット』は、ポップアップする飛び出す絵本です。

しかも、その飛び出した部分に光をあてることで、影絵も楽しめるという大人も楽しめる仕掛け絵本。

また、光の当て方により、その影が樹木の形になったり雷の形になったり、2つの物語にもなるようです。

「モーションシルエット」を

村上春樹和訳絵本『おおきな木』

今回の『世界一受けたい授業』では、話題の絵本の1つとして紹介されるのは、世界中で人気のある小説家・村上春樹さんが和訳した絵本。

村上春樹さんは、意外に多くの絵本を和訳していますが、

その中でも有名なのは、『おおきな木』ではないでしょうか?

この『おおきな木』は、シェル・シルヴァスタインの作品『The Giving Tree』の和訳絵本。

世界各国の翻訳版が発売されている絵本です。

その『The Giving Tree』の日本での翻訳絵本は、1976年に、ほんだきんいちろうさんの和訳で『おおきな木』として書籍化されています。

その『おおきな木』の新和訳版として2010に発売されたのが、村上春樹さん翻訳の『おおきな木』。

口コミやレビューの点数では、どちらもある程度高い評価を受けているものの、

特に結末など、以前の和訳とは雰囲気の違う村上春樹さん翻訳の『おおきな木』には、賛否両論の評価になっています。

「おおきな木」を

話題の絵本

その他の話題の絵本として、

ママがおばけになっちゃった

30万部のベストセラー絵本となった「ママがおばけになっちゃった」や

「ママがおばけになっちゃった」を

ミッフィー

子どもが最初に親しむ絵本として「ミッフィー」が紹介されました。

まとめ

この記事では、2/6の『世界一受けたい授業』に登場した絵本について調べてみました。

スポンサーリンク
336
スポンサーリンク
336