ごはんジャパン 卵@山梨=通販お取り寄せ可!鶏とオーガニック卵で黒富士農場の親子丼

ごはんジャパン』8/6に紹介されるのは、山梨

黒富士農場の鶏肉と卵を使った本物の親子丼が登場します。

その卵のこだわりとは?オーガニック卵?

通販お取り寄せで買える?

等、今回はテレビで話題のグルメ。

8/6の『ごはんジャパン』で紹介される山梨・黒富士農場の卵と鶏肉に関する記事になります。

スポンサーリンク
336

ごはんジャパン

毎週土曜の18時30分から、テレビ朝日系で放送されている『ごはんジャパン』。

8月6日(土)の放送内容は、

今回注目する食材は、山梨県にある黒富士農場の卵と鶏肉。そのおいしさの秘密を求めて現地を訪れるのは、稀代の美食家であり、料理家でもあった北大路魯山人の直系弟子に当たる笹岡隆次シェフと、演歌歌手の水森かおり。景勝地・昇仙峡のさらに奥、標高1100メートルの場所に広がる黒富士農場。はたして、黒富士農場の卵と鶏肉には、どのような秘密が隠されているのか…!?2人が訪れたのは、東京農業大学で学び、世界の畜産技術や最新の農業技術を取り入れている養鶏のスペシャリスト。15ヘクタールの広大な土地でおよそ6万羽の鶏を放牧飼育しており、2年前にはその卵で内閣総理大臣賞を受賞している。土、水、飼料などに徹底してこだわり育てる鶏と、その鶏が生み出す卵。そんな卵と鶏肉を使って、笹岡シェフが挑むのは、“本当の親子丼”。はたして、本当の親子丼の秘密とは!?

YAHOO!JAPANテレビより引用

とのことで、

山梨の卵

今日の『ごはんジャパン』の食材は、卵。

しかも、2年前の農林水産祭の畜産部では、内閣総理大臣賞を受賞した(農林水産省より)というこだわり卵です。

なお、その卵が生産されているのは山梨県。

甲斐市の山奥、標高1100mの高原にあるという農場です。

山梨県甲斐市上芦沢1316

黒富士農場

その農場というのが、黒富士農場。

かぎりなく自然に近い形で鶏を育てることにこだわる農場です。

黒富士農場によると、農場の鶏は、豊かな大自然の広がる山梨の高地で放牧。

また、天然の湧水や有機栽培飼料、発酵飼料など、様々なこだわりで飼育しているとのこと。

親鶏自体を健康にすることで、“かぎりなく自然に近い”というピュアな卵を生み、

中には、日本で初めてというオーガニック卵までありました。

通販お取り寄せ

その黒富士農場の卵は、47CLUB(よんななクラブ)の通販でお取り寄せ可能。

自然放牧卵の他、黒富士農場の卵で作ったバウムクーヘンやそのセットが人気になっているようです。

また、アマゾンや楽天などの通販では、黒富士農場の卵で作ったプリンなど、こちらもスイーツが販売されています。

「黒富士農場」を

鶏肉と卵で“本物の”親子丼

なお、今日の『ごはんジャパン』では、その黒富士農場の健康的な鶏肉とこだわり卵を使った親子丼が登場。

鶏肉も卵も黒富士農場という、“本物の”親子丼になりそうです。

その“本物の”親子丼を作るのは、笹岡隆次シェフ。

北大路魯山人の直系弟子で、現在は、恵比寿・笹岡のオーナーシェフです。

東京都渋谷区恵比寿2丁目17−18

この記事では、8/6に放送される『ごはんジャパン』の山梨・黒富士農場の卵や鶏肉、親子丼について調べてみました。

スポンサーリンク
336
スポンサーリンク
336